製造業、企業、工場などのコスト削減をご提案します

企業のための効率的なコスト削減をご提案します企業のための効率的なコスト削減をご提案します

製造業の皆様、このようなお悩みはありませんか?

コストを削減するいい方法は無いか 手間をかけずにコストダウンが出来る方法を知りたい より効果の高いコストダウンの方法を知りたい リストラは可能な限りしたくないがコストはカットしたい 社員のモチベーションを下げる事なくコスト削減を進めたい

コスト削減のことでお悩みの皆様へ、とっておきの情報です。

そもそも「コスト」とは何でしょう?

そもそも「コスト」とは何でしょう?

企業では何かを行う際に必ず「コスト」が発生いたします。人件費や家賃、水道光熱費や原材料費などのコストは、企業活動及び企業の成長にとって必要不可欠なものだと言っていいでしょう。しかしこのコストは、大きくなればなるほどに企業の経営を圧迫していってしまいます。そして利益よりもコストが増えてしまうと赤字となってしまい、赤字が増えると企業は経営危機になってしまいます。

売上からコストを引いたものが、企業の利益となります。つまり売上が同じであってもマイナスされるコストが少なければ、企業の利益はそれだけ大きくなるという事です。利益を上げるために売上を増やしていくことも大事ですが、コストを下げることも実は同じくらい大事なのです。どのようにして無駄なコストをカットして利益を上げるか、コストを必要最小限に抑えていくか、という事が企業にとっての「コスト削減」の最大の目的です。

特に現在の経済情勢で企業が大きな利益を上げるためには、コストカットを行う事がほぼ必須となってきています。そしてコストカットで重要なことは、「継続して行う」という事です。一時的なコスト削減では大きな効果は望めませんし、また従業員のモチベーションや生産性が低下するようなコスト削減方法では、長続きはしないでしょう。

理想的なコスト削減方法とは?

理想的なコスト削減方法とは?

しかし「コスト削減」という言葉には、どこかネガティブなイメージがつきまといます。従業員にとっては「いつリストラされるかもしれない」という不安がつきまとう事になりますし、またいつしか手段が優先されるようになりコスト削減の本来の目的を見失ってしまう、という事も起きてしまうかもしれません。

理想的なコストダウンの方法とは、従業員のモチベーションを下げること無く行い、また従業員に意識をさせず無理をさせずにコストダウンを行わせる、という方法でしょう。しかしそのようなコストダウンの方法は、果たしてあるのでしょうか。すぐに始める事が出来て、従業員のモチベーションを下げることなく、今まで通りの企業活動をしながら行う事ができるようなコスト削減の方法があれば、理想的である事は疑いようがありません。

実はそうした条件にピッタリのコストカットの方法があります。それは「電気の新電力への切り替え」という方法です。

新電力への切り替えによる電気料金削減

新電力」とは、いわゆる「電力自由化」で誕生した電力会社のことです。東京電力や東北電力、関西電力などの従来のいわゆる「地方電力会社」「大手電力会社」などと区別するために「新電力」と呼ばれています。「電力自由化」により、電気代は自由競争が可能になりました。そのため各電力会社は電気代の「基本料金」を自由に設定することが出来るようになりました。新電力会社では、大手電力会社よりも基本料金を低く設定することで、電気代を値下げしているのです。

電気料金の中の「基本料金」は新電力会社で独自に設定可能です。そして多くの新電力会社は「基本料金」を安くすることで、電気料金全体の値下げを実現しています。

具体的には、現在高圧電気を利用しているような企業、例えば自社ビルや大型の店舗、大型工場や中規模工場、小規模工場、町工場、研究センター、テクニカルセンターなどであれば、電気代の基本料金をおよそ30~40%程度削減することが可能です(最大で60%の削減実績がございます)。電気料金の総額で計算すると、全体のおよそ8%の削減(年間およそ一か月分に相当)が可能となっています。

電気料金は、光熱費の一部です。企業にとっては数あるコストの中の一つです。これを大幅に削減できるのであれば、これほど嬉しい事は無いですし、コスト削減という目標にとっては、かなりの効果が期待できるといっていいでしょう。

新電力の安全性と信頼性

しかし同時に電気は、企業にとって重要なインフラでもあります。もしも電気が使えなくなるような事があれば、企業活動や工場などでの生産活動の一切が出来なくなるでしょう。その電気を、今まで利用していた大手電力会社から新電力に切り替えることで、何かしらの不都合などは出ないでしょうか?不安に思われる方も、少なくないかもしれません。果たして新電力は安全なのでしょうか?結論を言ってしまえば、新電力は「安全」です。今までどおり「安心」して企業活動・生産活動を行う事が出来ます。

電気は各発電所で作られた電気を一旦変電所に集めそこで全てまとめてから、送電線などで、各家庭や企業に送られます。新電力の電気であっても、そのプロセスに変わりはありません。従来の電力会社と同じ変電所に集められ、同じ送電線を利用して届けられるのです。新電力の発電所から直接電気が送られてくるわけではありません。なので電気の品質は今までと全く変わらないのです。停電などのリスクも変わりませんし、機械などが動かなくなる、という事は一切ございません。

全ての電気は「超高圧変電所」に集められ、一緒にされて均一な質の電気となります。その均一な質の電気が共通の送電線を通り、各工場、ビルディング、家庭へと送られます。新電力の発電所から、直接電気が送られてくるわけではありません。

また企業向けの新電力は、2000年にスタートしています。2019年現在で既に20年近い実績があるのです。その間に多くの企業や工場、鉄道などの公共施設、学校、病院が新電力を使い続けていますが、それに伴った事件や事故は起きていません。また一度新電力に切り替えた企業ではより安い電気代を求めて、また別の新電力に切り替える事も多くあります。その事が新電力自体の信頼性の高さを示していると言えるでしょう。

御社も新電力へ切り替えてみてはいかがでしょうか?

御社も新電力へ切り替えてみてはいかがでしょうか?

コストダウン、コストカットという面から考えると、電気代基本料金の値下げだけでは物足りない所がある、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし先程も書きましたように、電気料金の8%が削減できれば、年間一か月分程度の電気料金を削減できることになります。またそうして電気代基本料金を下げた上で、通常のいわゆる「節電」を行えば、より大幅な電気料金の節約になる事は間違いありません。

製造業コスト削減ドットコムでは、製造業、工場、町工場、自社ビルなど、企業にとって電気代が特に安くなるような新電力会社を、厳選してご提案しております。ご相談、お問い合わせ、お見積りは完全無料にて受け付けしております。お見積りには、直近一年分の電気料金明細書が必要となります。お申込みをいただければ、私達製造業コスト削減ドットコムが皆様のエージェントとして、新電力会社と料金や契約の交渉などを行ってまいります。

製造業コスト削減ドットコムの4大特徴

企業のコスト削減を実現

現在工場、自社ビル、自店舗などで高圧電気を利用されている企業であれば、新電力に切り替えることで電気代基本料金が30~40%程度削減可能です。過去最大実績では基本料金60%という例がございます。また電気料金の総額での割引率は、およそ8%の削減額となり、これは実に年間電気料金のおよそ一か月分に相当いたします。

企業のコスト削減を実現

企業・製造業に特化

高圧電気を利用している工場、町工場、研究センター、テクニカルセンター、自社ビル、自店舗などで特に削減額が高くなる、新電力会社を厳選しております。製造業コスト削減ドットコムだからこそ出来る、電気料金コストの圧倒的な削減です。もちろん全国対応です。

企業・製造業に特化

安心・安全に利用可能

停電のリスクは全く増えません。今までと同じです。また工場やオフィスの機械、IT機器などは、今までどおり普通に使い続けることが出来ます。従来どおりの送電線をそのまま利用していますので、送られてくる電気の質は、今までと全く変わらないのです。安心・安全に電気を使い続ける事が可能なのです。

安心・安全に利用可能

手数料一切不要

製造業コスト削減ドットコムでは、ご相談、お問い合わせ、そしてお見積りの全てを無料にて受付しております。また新電力会社との代理交渉に際しても、皆様からは手数料などを一切いただく事はございません。私達が皆様の代理として交渉することで、電気料金がその分値上げされる、という事もございません。手数料は一切不要となっております。また切り替えに際して、新電力側への手数料なども一切必要ございません。

手数料一切不要

新電力切り替えによるコスト削減事例

神奈川県 機械加工業

神奈川県 機械加工業

新電力切り替え前
=年間使用電気代 1,572万円
新電力切り替え後
=年間使用電気代 1,289万円

コストダウンの一環としての電気代削減には、以前から興味を持っていました。そこでとりあえず話だけでも聞いてみようと思い、電話をかけたのですが、出られた方が非常に落ち着いており感じよくこちらの話を聞いてくださいました。こういった電話にはあまりいい印象は無かったのですが、そのまま見積りを取ることにしました。結果、電気料金がかなり安くなる事がわかり、さっそく新電力へ切り替えました。切り替えに際しては、かなり不安があったのであれこれと質問しましたが、その際も一つ一つ丁寧に対応してくださったのが、印象的でした。

東京都 精密機器

東京都 精密機器

新電力切り替え前
=年間使用電気代 984万円
新電力切り替え後
=年間使用電気代 846万円

昨年の夏はとても暑かったので、冷房をいつも以上に使っていたのですが、結果として電気代がとても上がってしまいました。慌てて電気代が安くならないかと思い、あれこれ調べて、こちらを見つけました。まずは見積りだけでも見てみようと思ったのですが、かなり安くなる事が分かったので、思い切って新電力に切り替えました。これでもうコストの問題には悩まされずに済みそうです。

東京都 機械加工 ※大手新電力から削減

東京都 機械加工 ※大手新電力から削減

新電力切り替え前
=年間使用電気代 840万円
新電力切り替え後
=年間使用電気代 798万円

実は新電力には、スタートしてすぐに切り替えていました。ずっとそのままにしておいたのですが、知り合いの企業から薦められたということもあり、まずは見積りだけでも取ってみることにしました。そうしたら今よりも更に電気代が下がる、という事が分かって驚きました。もともと新電力は使っており抵抗は無かったので、早速切り替えることにしました。おかげで電気代が更に下がることになり、大変感謝しております。

運営会社情報

所在地

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-11-1 7F

TEL

045-465-4257

代表者

鈴木 利尚

代表者挨拶

有限会社アムライズの鈴木と申します。弊社は各種代理店業を営んでおります。この「製造業コスト削減ドットコム」をはじめ、「工場電気ドットコム」「東北工場電気ドットコム」など、近年では特に新電力関連に力を入れております。

それというのも、私の実家が町工場を営んでいたのですが、その町工場の経営危機を新電力によるコスト削減で乗り切った、という体験があるからです。その時に得た知識と経験が企業の皆様のコストカットの役に立てばこれほど素晴らしい事は無い、という気持ちから新電力関連の代理店を始めました。

お陰様で、今では多くの企業様を新電力に切り替え、コストダウンのお手伝いをさせていただいております。まだ新電力に切り替えていらっしゃらない方も、既に新電力に切り替えていらっしゃる方も、電気料金はまだまだ下げることが可能ですので、お気軽にご相談ください。

鈴木 利尚

鈴木 利尚(スズキ トシヒサ)
1974年生 愛知県出身
大東文化大学卒業後、2004年に有限会社アムライズ設立
2014年に結婚し、現在、2歳半の愛娘の子育てに奮闘中

ご相談・お問合せはこちらから受け付けております

お名前

企業名

お電話番号

メールアドレス

コメント